Spacetide

Speakers

株式会社ispace

エンジニア

古友 大輔

  • panel9

2002年より汎用ロボットとそれを利用した生産設備開発に従事。 半導体の製造検査装置や、大型フラットパネル生産の「世界の亀山工場」ラインの立ち上げ、自動車の生産設備設計等を経験。 2007年から高性能自動車の開発に携わり、量産車では世界初となるブレーキシステムの市場投入を支援。 その後2009年~6年間、国際宇宙ステーションのシステム機器、実験機器の開発を行う。地球と宇宙をつなぐ通信の多重化装置や生命科学ミッション機器、新材料創製実験機器などの開発を機械構造のリードエンジニアとして設計、製造、試験、フライト運用支援を実施。 日本初の軌道上試料保管温調システムの開発をエンジニアリングマネージャーとして参加。基本設計から製造、運用支援と上流から下流まで プロジェクトコントロール行う。2012年からボランティアとしてHAKUTOプロジェクトに参加。2015年よりispaceに転職し本格的にローバーの開発に携わる。 ローバー開発の中では、基本的な機能性能向上と信頼性向上を、設計、調達、製造、検査、試験を横断的に評価。コストと品質コントロールを行う。